アウトレイジ墓地ソースについての報告書(3)

はじめに

こんにちは、ジョセフです。
クロニクルデッキ発売開始から早一ヶ月、環境はアナカラーダムドによって完全に塗り替えられました。
そのため、多くのプレイヤー達がこのデッキに勝率を出せるデッキを模索してきたことだと思います。
そこで今回は、私なりに考えてみた「アナカラーダムドに勝率を出せるデッキ」を紹介していきたいと思います。

デッキレシピ

4@ほめほめ老/ホメホメ老句
4@カツラデランス/「アフロ行きま~す!!」
4@一なる部隊 イワシン
4@龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢
3@爆撃男
2@メガゴーワン・チュリス/ゴゴゴ・Go1・ナックル
4@フェルナンド・ソシュール/プライマル・スクリーム
3@龍装者 バルチュリス
3@マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド
1@盗掘人形モールス
4@百万超邪 クロスファイア
4@暴走龍 5000GT

採用カード解説

【ほめほめ老/ホメホメ老句】
初動その1。
イワシン無しで3ターン目クロスファイアを可能にする偉大なカード。
5000GTの影響を受けないパワーを持ち、墓地が空でも機能するためサブアタッカーとしても優秀。

【カツラデランス/「アフロ行きま~す!!」】
初動その2。
こちらは捨てるカードを自分で選べるため、イワシンや爆撃男を捨てやすいのが利点

【一なる部隊 イワシン】
不可能を可能にするカード。
4枚採用しない理由がない。

【龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢】
呪文側もクリーチャー側も汎用性が高いツインパクト。
呪文側は墓地肥やし兼回収で序盤から終盤に掛けてデッキを支える便利な札。
クリーチャー側は除去能力持ちのW・ブレイカーで、5000GTでは打ち取れないパワーラインのクリーチャーを処理できる

【爆撃男】
墓地肥やしの片手間に除去ができるカード。
単純に小粒をどかしたり、5000GTの除去範囲を広げたり。

【メガゴーワン・チュリス/ゴゴゴ・Go1・ナックル】
S・トリガー。
3コストと手打ちも考えられる軽さのため、メタクリの処理に使うことも。

【フェルナンド・ソシュール/プライマル・スクリーム】
S・トリガー。
墓地を一気に肥やす事ができ、爆撃男によるカウンターも期待できるため、速攻相手では一番踏ませたいトリガー
肥やせる枚数が多いため、墓地リセットを食らった返しにも優秀。

【龍装者 バルチュリス】
追加打点要員。
クロスファイア+5000GT+バルチュリスによるワンショットはもはや芸術。

【マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド】
S・トリガー。
確定除去であること、5000GTの影響下でも機能すること、素出ししても悪くないことからスパイナーよりこちらを優先している。

【盗掘人形モールス】
回収カード。
盤面に残る点を活かし、墓地リセットを多用する対面にはクロスファイアとともに打点になることも。

【百万超邪 クロスファイア】
フィニッシャーその1。
緩い条件で踏み倒せるので、早期に刻むプランとワンショットプランの両方で活躍する
出しやすいからといって考えなしに殴らないように。

【暴走龍 5000GT】
フィニッシャーその2。
着地すると「詰み」になるデッキも少なくないパワーカード
アナカラーダムドや白赤サンマックス、赤単罰怒など現在のトップメタにも刺さりが良い

デッキの回し方

序盤は墓地を肥やし、十分な枚数が貯まり次第クロスファイアや5000GTで攻める。
攻め方は基本的に
1.クロスファイア+5000GT+バルチュリスでワンショットを狙う。
2.クロスファイアと小粒で早期から刻む。(5000GTの着地をあまり狙わない。)

の2通りである。
1.は多くのトリガーをケアして安全にダイレクトアタックまで行けるので基本的にはこのプランが最適解になる。
2.は対面の墓地リセットなどで5000GTの着地が困難な場合に狙い、盤面の処理を強要させつつ追加のSAで押し勝つプランである。
このデッキの最大火力を発揮するためには、これらのプラン切り替えの見極めが肝要となる。

アナカラーダムドに有利である点

墓地ソースがアナカラーダムドに有利が付くと判断した理由は2つあり、
1.5000GTの刺さりが良い
2.墓地ソースに有効な札の採用枚数が減少傾向にある

である。

1.は単純に5000GTの影響を受けるクリーチャーが多く、一度5000GTを着地させれば盤面を壊滅させつつ後続を封じることができる。
特に、アナカラーダムドは盤面処理をヴェルデ+デッドダムドに依存しているため場に出た5000GTの対処が困難である。
また、デジルムカデや既に場に出ているデッドダムドなどの少数のパワー5000を超えるクリーチャーに対してもオブザによって対処が可能である。

2.は最大の理由であり、墓地ソースに対して強烈に刺さるお清めシャラップの採用枚数が減少傾向にあることである。
アナカラーダムドの母数の増加によって、より同型との対面に寄せたお清めシャラップを1枚だけ採用する構築が珍しくなくなった。
その結果、墓地ソース側はよりスムーズに5000GT着地を目指すことができるようになった。
他にも、デッキ内の防御札がハヤブサマル+落城の計という構築が増加しているのも追い風である。

1.と2.を踏まえると、より5000GTが出しやすくなり、刺さりも良くなっていると言えるだろう。

終わりに

今回は私が使用している墓地ソースの構築について紹介してみました。
アナカラーダムドに勝ちたいと思う方は一度使ってみてはいかがでしょうか。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

以上(ジョセフ)


デュエル・マスターズ 公式レジェンド・ブック

デュエル・マスターズ 公式レジェンド・ブック

デュエルマスターズ エントリーデッキ・ゼロ DMC-50 パーフェクト・エンジェル

デュエルマスターズ エントリーデッキ・ゼロ DMC-50 パーフェクト・エンジェル

デュエルマスターズ スーパーデッキ クロス DMC-44 エンドレス・オール・デリート

デュエルマスターズ スーパーデッキ クロス DMC-44 エンドレス・オール・デリート