【デュエマ】カエルがモチーフのクリーチャーをまとめてみた

はじめに

矢毒です。

カエル、可愛いですよね。

今回はデュエルマスターズの超獣世界のカエル達を独断と偏見とカエルへの愛をもって見ていたいと思います。
(登場した順に紹介していきます)

暗殺人形ガマー

f:id:yadoku906:20190910212047j:plain
デュエマで最初に登場したカエルクリーチャー

 登場:2005
 可愛さ:★★★★☆
 蛙らしさ:★★★★☆

2005年に初のカエルクリーチャーが登場。それがこのガマーである。
TT能力でタップキルという「スレイヤーの下位互換かな?」という能力を持つ。
一応「攻撃をしていない」という利点(?)はある。

デスパペットなので糸で釣られよくわからない武器を持っている。
見た目はオレンジ色のガマなので一見不細工に見えるが、よく見ると存外かわいらしい顔をしていることがわかる。
ちなみに同年にハーフデッキで再録もされており、こちらでは鎧を被った状態のガマーがみられる。


森の歌い手ケロディナンス

f:id:yadoku906:20190910212645j:plain
フェニックスと仲が良いカエル

 登場:2006
 可愛さ:★★★★☆
 蛙らしさ:★★☆☆☆

ストレージを漁っているとよく見るカエル。
フェニックス限定のボルバルザーク・エクスのような能力を持つ。
《ケロディナンスライブラリアウト》なるデッキがあるらしい。

パッと見カエルには見えないが、手足を見てみるとカエルらしさがある。
うまく使ってやると楽しそうなカード。


威牙の幻ハンゾウ

f:id:yadoku906:20190910215055j:plain
忍の里のカエル

 登場:2008
 可愛さ:★★★☆☆
 蛙らしさ:★★★★★

最も有名なカエルクリーチャーの1体。
NS7で相手クリーチャーを-6000することができる。
カエルクリーチャーの中で唯一殿堂入りを経験しており、その後ドルマゲドンXとの相性の良さから注目を集めた。

手札からピョンピョン飛んでくるカエル。
よく見ると舌の先が槍のようになっている。これで攻撃するのだろうか。
除去耐性の能力はあまり知られていない。あとイケメンに変化できる。


ケロディ・フロッグ

f:id:yadoku906:20190910214126j:plain
ケロディ家長男

 登場:2010
 可愛さ:★★★★☆
 蛙らしさ:★★★★★

cipとpigでバウンス能力を持つカエル。
「場を離れたとき」なので一旦場に出れば確実に仕事をしてくれる上、任意能力なのがうれしい。
とはいえ、コストが6と重く種族もゲル・フィッシュなので実用性は低いか。

サーフィンをしているのはバウンス能力持ちだからだろうか。
よくイラストを見ると腕(前足)が4本あり、鎖とよくわからない武器を持っている。


ケロディSP

f:id:yadoku906:20190910214529j:plain
念願のSP化を果たしたケロディ

 登場:2011
 可愛さ:★★★★☆
 蛙らしさ:★★★★★

「俺もいつかはサイキック!」と言っていたらSP化した。
TT能力でマナ5枚をタップし超次元ゾーンから【時空のスター・G・ホーガン】を呼び出す能力を持つ。
昔のデュエマ特有のタップさせる上にマナまで必要とする能力の為、このクリーチャーを場に出した次のターンの動きも制限されてしまうので超次元呪文を使った方が手っ取り早いだろう。

SP化する前はサーファーだったようだが、今回はニンジャになりハンゾウと同じく巻物を持っている。
しかし種族はゲル・フィッシュのみのままである。


ケロディ二郎

f:id:yadoku906:20190910214712j:plain
ケロディ家のやんちゃな次男坊

 登場:2011
 可愛さ:★★★★☆
 蛙らしさ:★★★★★

ブロックされなければ相手クリーチャーをバウンスできる能力を持つ。
コスト4にしては淡泊な能力と言わざるを得ない。

ケロディには弟がいた。
兄はサーファーだったりニンジャだったりしたが次男はサムライのようだ。
というか兄はキューティー・ハートの弟子だったのか。

デュエルマスターズ/DMX-04/011/C/ケロディ二郎/水/クリーチャー

デュエルマスターズ/DMX-04/011/C/ケロディ二郎/水/クリーチャー


ゲロNICEハンゾウ

f:id:yadoku906:20190910215707j:plain
マッドネスとなったハンゾウ

 登場:2011
 可愛さ:★★☆☆☆
 蛙らしさ:★★★☆☆

ハンゾウがニンジャ・ストライクを捨て、マッドネス能力を得て帰ってきた姿。
マイナス6000の能力はそのまま。
マッドネスとして飛んでくるデーモン・コマンドは貴重ではあるが実際NSの方が有用性が高い。

2011年はケロディSPにケロディ二郎、そしてコイツとカエルクリーチャーが豊作だったようである。


ケロディス三郎

f:id:yadoku906:20190910214917j:plain
なぜかエイリアンになった三男

 登場:2012
 可愛さ:★★★☆☆
 蛙らしさ:★★☆☆☆

スペースチャージ:多色を持ち、進化ではないクリーチャーを墓地か手札かシールドに送る能力を持つ。
選択肢の多さも特徴的だが、何より自分のクリーチャーも対象にできる点が大きい。
更に殴れるブロッカーである。

ケロディ家の三男。能力が他2体に比べて圧倒的に強力であり、しかもエイリアン化しカエルというよりレッ〇ウザのよう。
次男はハンターだが兄弟仲は大丈夫なのだろうか。
手にはあの【英知と追撃の宝剣】、頭には【魂と記憶の盾】と能力を象徴した装いをしている。


ケロヨン・カルテット

f:id:yadoku906:20190910215856j:plain
最も難しいEXwinの1つ

 登場:2012
 可愛さ:★★★★★
 蛙らしさ:★★★★★

デュエマ界のマスコットの1体。それがケロヨン・カルテットである。
カエルクリーチャーの中で唯一Exwin能力を持つ。
しかしその条件は他Exwinと比較しても圧倒的な難易度を誇る。

コストが4と決して軽くないうえにパワーは1000と非常に低い。
一応モヤシ能力はあるものの「自分のターンのはじめ」に「場に4体」揃っていなければいけない。
出来る気がしない。見た目は可愛い。以上。


蛙飛びフロッグ

f:id:yadoku906:20190910220313j:plain
某Bの基となったカエル

 登場:2013
 可愛さ:★★★★☆
 蛙らしさ:★★★★☆

場にいる状態でマナにいるかのように振る舞うというアウトレイジならではの特徴的な能力を持つ。
しかしコスト2には自壊してマナを増やせる【霞妖精ジャスミン】やその他多くのライバルが多く、除去されやすい場にこいつを残しておく必要がある場面はほぼないだろう。
パワーが6000くらいあり、この能力を味方全体に付与できるようなことがなければ。



矢毒の面イロケロ

f:id:yadoku906:20190910220647j:plain
私と同じ名前

 登場:2014
 可愛さ:★★★☆☆
 蛙らしさ:★☆☆☆☆

バトルに負けた際、相手クリーチャーをマナ送りにできるマナ版スレイヤー能力を持つ。
猛毒を持つヤドクガエルをモチーフにただでは死なないというデザインとなっている。
また装飾のカラフルさも「密林の宝石」と呼ばれるヤドクガエルを参考にしたものだろう。


獣軍隊ヤドック

f:id:yadoku906:20190910220807j:plain
踏み倒しメタとして非常に優秀なカエル

 登場:2016
 可愛さ:★★☆☆☆
 蛙らしさ:★★☆☆☆

ヤドクガエルモチーフ2体目。
こちらは鮮やかさこそないものの非常に強力な踏み倒しメタ能力を持つ。
その強力さはもはや語る必要はないだろう。


飢えと渇きケローラ

f:id:yadoku906:20190910220533j:plain
タンサンマンの被害者

 登場:2016
 可愛さ:★★★☆☆
 蛙らしさ:★★★★☆

1コストと非常に軽いがマナに水がないと即破壊されるデメリットを持つため、1ターン目に場に残すことが実質不可能なようになっている。
かつて赤青ブランドで活躍した経歴をもつカエル。

現在唯一の火文明のカエルクリーチャー。
タンサンマンに炭酸の力(?)を与えられこの姿になったが、水なしでは生きられなくなってしまった。
1コストらしいスピード感と躍動感のあるイラスト。


イッコダス・ケイジ

f:id:yadoku906:20190910220940j:plain
虫かごと化したカエルのようなもの

 登場:2019
 可愛さ:★★★☆☆
 蛙らしさ:★★☆☆☆

虫かごになってしまったカエル(???)。
現在唯一のツインパクトカエルクリーチャーである。
マッハファイター能力とバトルに勝った時のGR召喚能力がかみ合っている。
また呪文面も低コストカード指定除去として優秀。

カエルは歯がないため小さい虫を丸呑みする。(ハンゾウには牙があるが)
この特性をを虫かごと捉えて生まれたクリーチャーなのだろうか。


カエルBジャック

f:id:yadoku906:20190910221100j:plain
今最も熱いカエル

 登場:2019
 可愛さ:★★★★☆
 蛙らしさ:★★★★★

Bの名前を継ぐカエルクリーチャー。パワーが7000と異常に高い。
呪文を唱える際に場のクリーチャーをタップして唱えることができる。
また最初の呪文に誘発して1ドローできる能力を持つ。

見た目は一般的なアマガエルのようだがサーフボードに乗り、ニンジャのように手裏剣を飛ばし背中には刀のようなものを背負うなど某三兄弟を合わせたような特徴を持つ。

またプレミアム殿堂ということにならなければいいが...。

番外編

ベイBジャック

f:id:yadoku906:20190910231925j:plain
恐ろしいオタマジャクシ

オタマジャクシがカエル達よりも強いとはこれ如何に。
恐らく二度と温泉から帰る(カエル)ことはないだろう。

走らせぬ者カエランコ

f:id:yadoku906:20190910232220j:plain
カエルではない

カエルではなくカエルアンコウである。
性能は割と優秀。


ドルゲユキムラ(下半身)

f:id:yadoku906:20190910232504j:plain
下半身がカエルっぽい

青いハンゾウ?


以上(矢毒)

デュエル・マスターズ 公式レジェンド・ブック

デュエル・マスターズ 公式レジェンド・ブック

デュエルマスターズ エントリーデッキ・ゼロ DMC-50 パーフェクト・エンジェル

デュエルマスターズ エントリーデッキ・ゼロ DMC-50 パーフェクト・エンジェル

デュエルマスターズ スーパーデッキ クロス DMC-44 エンドレス・オール・デリート

デュエルマスターズ スーパーデッキ クロス DMC-44 エンドレス・オール・デリート