悠久5cランデスの報告書

初めまして。白田Kと申します。
初投稿は私の所持デッキの1つ、悠久5cランデスを紹介したいと思います。拙い文章ですが、最後までお付き合い頂けると幸いです。

デッキレシピ

《メインデッキ》
コスト2(2)
2@フェアリー・ライフ

コスト3(6)
4@フェアリー・ミラクル
2@黒豆だんしゃく/白米男しゃく

コスト4(5)
1@デモンズ・ライト
1@クリスタル・メモリー
1@ジェラシー・ベル
1@天使と悪魔の墳墓
1@超次元ホワイトグリーン・ホール

コスト5(9)
3@Dの博才 サイバーダイス・ベガス
2@偶発と弾幕の要塞
2@焦土と開拓の天変
2@無修羅デジルムカデ

コスト6(1)
1@超次元ガロウズ・ホール

コスト7(9)
2@怒流牙 サイゾウミスト
2@時の秘術師 ミラクルスター
2@ロスト・ソウル
2@テック団の波壊go!
1@英知と追撃の宝剣

コスト8(4)
2@悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス
1@ラスト・バイオレンス
1@メガ・マグマ・ドラゴン

コスト9(3)
2@天地命動 バラギアラ/輪廻暴聖
1@偽りの王 ヴィルヘルム

コスト10(1)
1@ジョリー・ザ・ジョニーjoe

《超GRゾーン》
2@重圧 CS-40
2@ギラミリオン・ギラクシー
2@ワイラビⅣ
2@ザーク卍ウィンガー
2@シニガミ 丁-四式
2@ドツキ万次郎

《超次元ゾーン》
1@時空の凶兵 ブラック・ガンヴィート
1@勝利のガイアール・カイザー
1@勝利のリュウセイ・カイザー
2@勝利のプリンプリン
1@激相撲!ツッパリキシ
1@ブーストグレンオー
1@シルバー・ヴォルグ
1@イオの伝道師ガガ・パックン

採用カード解説(メインデッキのみ)

【フェアリー・ライフ】
お馴染みマナブースト。ミラクルに枠を割いているので2枚のみ採用。どうでもいいけど個人的にはデュエデミーのイラストが一番好き。

【フェアリー・ミラクル】
5cの特権。3→6の動きを可能にする。初手に来て欲しすぎるので4投。

【黒豆だんしゃく/白米男しゃく】
基本的に呪文面で使う。マナ回収だけでなく、弾幕で捲れても盤面の12000未満を一掃できる便利なカード。

【超次元ホワイトグリーン・ホール】
大体プリンプリンを投げる。ミラクルスターでこれと一緒に拾ったトリガー呪文を盾に埋めなおしたり。プリンプリン効果とホワグリの効果処理の順番に注意。

【デモンズ・ライト】
色の補完として採用。盤面を除去しつつ手札を補充してくれるのは偉い。出来ればもう1枚くらい入れたいがそんな枠はなかった。

【クリスタル・メモリー】
このデッキにはピン投、2投のカードが多いためデッキ内のカードをなんでも持ってこれるこのカードの存在は大きい。サーチついでに盾を確認しよう。

【天使と悪魔の墳墓】
色も優秀なスーパーメタカード。このカードでわざとマナに被せた悠久を墓地に送り山を回復することもある。

【ジェラシー・ベル】
相手に選ばせるとはいえ2ハンデスは強力。手札の悠久を捨てることができる。

【Dの博才 サイバーダイス・ベガス】
防御札でありドローソース。手札が枯渇しがちなデッキなので非常に重宝する。

【偶発と弾幕の要塞】
盤面の複数除去を可能にする。最低でもパワー7000未満を一掃できるようになっているので除去出来る範囲は広い。ダイスでも打てるが、デッキ内のクリーチャー枚数はしっかり把握しておきたい。

【焦土と開拓の天変】
ランデスとブーストを1枚で行える。ランデスで相手のテンポを崩し、次のターンのロストソウルに繋げられればかなり優位に立てる。

【無修羅デジルムカデ】
相手クリーチャーがタップインするので盤面除去しやすくなる。オレガオーラであるため弾幕を邪魔しない。また、出来るだけ弾幕で破壊されないようにGRクリーチャーはこれをつけた時にパワー8000を超えるようになっている。

【超次元ガロウズ・ホール】
ダイスが入っているので自ずと入ってくる。強い。《ヴォルグ・サンダー》のプレ殿は残念だった。

【怒流牙 サイゾウミスト】
防御、山回復、色基盤と色々仕事をしてくれて頼れるシノビ。ラストバイオレンスでは大体このカードを持ってくる。

【時の秘術師 ミラクルスター】
呪文のコスト帯がばらけているので出すと手札が3〜5枚くらい増える。ビートプランを取る際にはミラクルスターをもう一体のミラクルスターに革命チェンジさせながら殴っていく。

【ロスト・ソウル】
最強ハンデス。ブースト札から繋いで出来るだけ早めに打ちたい所。デスカール様だと弾幕との相性が悪いため非ツインパクト。このデッキではデスカール様と語り合えない。

【英知と追撃の宝剣】
脅威の1:4交換が出来るスーパーパワーカード。ミラクルスターで回収して複数回打ち、相手のマナゾーンの色をどんどん減らしていこう。サイバーダイス+これを構えていると安心できる。

【悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス】
このデッキの主役。山札回復がメインだがコスト踏み倒しへの一応のメタとなるので打点としても優秀。山に悠久が何枚あるか把握できるようにバージョンは1枚1枚変えておこう。

【ラスト・バイオレンス】
必殺技。これ1枚打つだけで大きくアドバンテージを得られる。無くても勝てるため1枚のみ採用。ライフやミラクルでマナに落ちたら泣いていい。

【メガ・マグマ・ドラゴン】
小粒一掃ドラゴン。やっとUGCになってくれた。GR召喚を利用し小型を並べるようなデッキに大きく刺さる。

【天地命動 バラギアラ/輪廻暴聖】
《ボルバルザーク・エクス》のようなマナアンタップ効果に加え、クリーチャー面で召喚していても呪文面を唱えることができる。《輪廻暴聖》は相手が選んでタップするので、オニカマス等処理が面倒なクリーチャーであってもタップキルに繋げられる。色も優秀で、トリガー呪文である点も高評価な1枚。

【偽りの王 ヴィルヘルム】
ランデス龍。何より色が強い。

【ジョリー・ザ・ジョニーjoe】
フィニッシャー。

このデッキの動かし方

プランは大きく分けて、
1.盤面や手札、マナをコントロールし、《ジョリー・ザ・ジョニーjoe》によるエクストラウィンを狙う。
2.上記のプランが難しい場合、ゲームの主導権を握りつつ盤面に打点を揃えて殴る。
の2つ。
基本的には1のプランで動くが、盾にジョニーjoeが埋まっているなどの場合2のプランを取る。動いていく中で召喚したミラクルスターやメガマグマ等で殴っていくことになる。ガロウズホールを使いまわし《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》を狙ってもいい。

終わりに

個人的に使ってみたかったカードを詰め込んだ5cランデスの紹介でした。5cは毎回違う動きをするので、難しくも面白いデッキだと思います。入れてみたいカードは沢山あるので、今後も変更点があればその都度紹介していきます。それでは今回はこの辺りで。

白田K

デュエル・マスターズ 公式レジェンド・ブック

デュエル・マスターズ 公式レジェンド・ブック

デュエルマスターズ エントリーデッキ・ゼロ DMC-50 パーフェクト・エンジェル

デュエルマスターズ エントリーデッキ・ゼロ DMC-50 パーフェクト・エンジェル

デュエルマスターズ スーパーデッキ クロス DMC-44 エンドレス・オール・デリート

デュエルマスターズ スーパーデッキ クロス DMC-44 エンドレス・オール・デリート