【地雷デッキ紹介】カゲキリ速攻【第22回】

地雷デッキ集はこちら

メインコンセプト



火の鳥カゲキリ
コスト2 火 5000 進化
(ファイアー・バード/オリジン)
・進化-自分のファイアー・バードまたはオリジン1体の上に置く。
・メテオバーン-このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地においてもよい。そうした場合、このクリーチャーをアンタップする。


【火の鳥カゲキリ】の連続攻撃能力を用いた速攻デッキ.

主に赤青で組まれることが多かったが,最近では赤白型が増えている.

主なオリジンの進化元は実質1コストの【黙示聖者ソルハバキ】【予言者シュウ】など.

優秀な進化元となるファイアー・バードには【翔天幻獣レイヴン】【火の鳥ピルドル】がいる.



予言者シュウ
コスト1 光 2000
(ライトブリンガー/オリジン)
・ブロッカー
・このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。



翔天幻獣レイヴン
コスト2 火 1000 
(ファイアー・バード/ドリームメイト/オリジン)
・このカードが墓地に置かれた時、それが墓地に置かれる直前に進化クリーチャーの下にあった場合、カードを1枚引いてもよい。



火の鳥ピルドル
コスト1 火 5000 進化
(ファイアー・バード)
・進化-自分のファイアー・バードまたはオリジン1体の上に置く。


進化元にはならないが1コスト帯の増強の為に【凶戦士ブレイズ・クロー】【予言者クルト】なども積まれる.

1コスト帯をバラ撒き打点を揃えつつ,小型オリジンをピルドルに進化させてパワーを上げ,更にピルドルをカゲキリに進化させることで連続攻撃からの勝利を狙う.

カゲキリ一体で2回以上攻撃が可能なため【龍装者バルチュリス】と相性が良い.

バルチュリスは2度目の攻撃が終わるまで「宣言」の状態で手札にいるため,カゲキリの2度目の攻撃でSTを踏んだとしても影響を受けないのが強み.

またST呪文封殺クリーチャーとして【瞬封の使徒サグラダ・ファミリア】や必然的に手札が減るので【"轟轟轟"ブランド】も採用される.



瞬封の使徒サグラダ・ファミリア
コスト2 光 1500
(イニシエート/ハンター)
・このクリーチャーがタップされている時、相手は呪文の「S・トリガー」を使えない。



"轟轟轟"ブランド
コスト7 火 9000
(ビートジョッキー)
・マスターG・G・G:自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
・SA
・WB
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火のカードがあれば、カードを1枚引く。その後、自分の手札を好きな枚数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。



カゲキリやピルドルは2009年神化編のカードだが,上手くデッキを組みプレイすることで現在の環境でもやっていけるポテンシャルを秘めている.

デッキパーツをシングルで買うなら⇩

デュエルマスターズ/DMX-09/016/R/火ノ鳥カゲキリ/火/進化クリーチャー

デュエルマスターズ/DMX-09/016/R/火ノ鳥カゲキリ/火/進化クリーチャー

プロモ☆火之鳥ピルドル(P71/Y9)

プロモ☆火之鳥ピルドル(P71/Y9)



以上