【地雷デッキ紹介】紅蓮ゾルゲループ【第23回】

地雷デッキ集はこちら




紅蓮の怒 鬼流院刃
コスト7 火/自然 7000 サイキック
(ビースト・コマンド/ハンター)
・自分の自然または火のハンターがバトルに勝った時、それよりコストが小さいハンターを1体、自分の超次元ゾーンまたはマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
・WB



偽りの名ゾルゲ
コスト8 火/水/自然 8000
(アンノウン)
・マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
・このクリーチャーまたは自分の他のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある別のクリーチャーを1体選んでもよい。そうした場合、その2体はバトルする。
・WB


※この記事ではループの詳しい手順は置いといて概要のみ紹介する.

紅蓮の怒(ぐれんのいかり)鬼流院 刃(きりゅういんじん),偽りの名(コードネーム)ゾルゲと読む.

かつては強力な環境デッキの一角であったが,上記2体がプレミアム超次元コンビ殿堂してしまったため,デッキとして崩壊した.

その後,コンビプレ殿が解除されたことで再び使用が可能になった.

しかし解除後の環境では流石に再びトップメタとはいかず,地雷枠に留まるに至っている.

ゾルゲ,鬼流院の2体ともう2体のサイキック・クリーチャー【遊びだよ!切札一家なう!/カレーパン・マスター切札勝太】【ヴォルグ・サンダー】を用いたループデッキである.




遊びだよ!切札一家なう!
コスト5 火 4000+
(カレーパン/ハンター)
・このクリーチャーがバトルする時、「カレーパンはどこじゃぁぁぁ!」と聞いてもよい。そうした場合、そのターン、このクリーチャーのパワーは+2000される。
・覚醒-このクリーチャーがバトルに勝った時、このクリーチャーをコストの大きい方に裏返す。

カレーパン・マスター切札勝太
コスト10 火 7000+
(カレーパン/レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター)
・バトルゾーンにあるコスト6以下のクリーチャーはすべて、種族に「カレーパン」を追加する。
・このクリーチャーのパワーは、バトルゾーンにある他のカレーパン1体につき、+1000される。
・自分のターンのはじめに、「カレーパンを食ってやるぜぇ!」と言ってもよい。そうした場合、そのターン、このクリーチャーはタップされていないカレーパンを攻撃できる。
・WB


大まかな流れは,

1. 場にゾルゲ鬼流院コスト6以上のクリーチャー(これは相手クリーチャーでも可)を揃える.

2. クリーチャーが場に出た時,ゾルゲの能力が起動し鬼流院とコスト6以上のクリーチャーをバトルさせ,鬼龍院に勝たせる.

3. 自分の火または自然のクリーチャーがバトルに勝ったので超次元ゾーンから切札一家なう!を場に出す.

4. クリーチャーが場に出たのでゾルゲ効果で切札一家なう!と他のパワー5000以下のクリーチャーをバトルさせる.

5. 切札一家なう!がバトルに勝つことにより覚醒,鬼龍院の効果でコスト10より小さいサイキックを場に出せる.

6. ここでヴォルグサンダーを出し,ゾルゲ効果でカレーパン・マスター切札勝太とヴォルグをバトルさせる.

7. 5.に戻り以下ループ

といった手順の非常に簡単なループである.

1. でゾルゲ,鬼流院,もう1体クリーチャーが必要とハードルが高そうに見えるが,他2体が場にいる状態で最後の1体を場に出したときからループが始動するので実質2体揃えておければよい.

2019.3.1より【ヴォルグ・サンダー】が殿堂入りしてしまったが,1体のみでループ可能なため問題はない.


ただ,近年の高速化除去能力の向上によってゾルゲが場出る前にゲームが終わったり,場に出ても返しに除去されたりなど環境トップだった時代に戻るのは容易くない.

しかし逆に言えば,知名度が下がってきているということであり,不意を突いた戦法を取ることができるのも1つの強みである.

ドギラゴン剣の殿堂で鬼流院を持て余している人は一度組んで遊んでみるのもいいかもしれない.


以上