矢毒地雷研究所

デュエルマスターズにおける地雷を研究・開発するブログ。

<

【DMEDH】EDHで光るカード集【修正版】

この記事では、通常環境ではあまり使われることが無いがEDHでは強力な能力になるカード達を紹介する。

光文明



天星の玉ラ・クルスタ
コスト4 光 4000
(ジャスティス・オーブ)
・ブロッカー
・このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のマナゾーンにあるカードが自分のより多ければ、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。


相手プレイヤーのマナを参照し2ブーストする。
プレイヤー数が多いEDHにおいて3人中1人くらいは自分よりマナが多いことはよくあるため、緑が入っていなくてもブーストすることができる。
同じ効果を持つカードに【グローリー・スノー】【緑知銀イーアル】がある。




天恵の精霊アステリア
コスト5 光 6000
(エンジェル・コマンド)
・ブロッカー
・このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
・ターンのはじめにカードを引く時以外に、相手がカードを引いた時、同じ枚数のカードを引く。


手プレイヤーのドローソースに反応し、自分もドロー出来る。
【サイバー・N・ワールド】等と好相性。
似たような効果を持つカードに【サイコメトラーヤミカバチ】【コマンダー・テクノバスター】がある。
また、相手の手札の枚数に反応する【ゲット・レディ】【機械提督デリンダー】というカードもあるため、自分のデッキ合ったカードを選ぶべき。




雷鳴の守護者ミスト・リエス
コスト5 光 2000
(ガーディアン)
・このクリーチャーがバトルゾーンにある間、他のクリーチャーがバトルゾーンに置かれるたびに、カードを1枚引いてもよい。


かつて殿堂入りしていた強力な置きドロソクリーチャー。
自分だけでなく相手クリーチャーにも反応するため、除去さえされなければ大量のアドバンテージを得られる。
似たような効果を持つカードに【鎧亜の剣邪ミストジアス】【知識の精霊ロードリエス】【ハッスル・キャッスル】がある。




真実の名タイガー・レジェンド
コスト7 光 7500
(エンジェル・コマンド/アンノウン)
・ブロッカー
・このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分が負けるか中止するまで、相手とガチンコジャッジする。こうして自分がガチンコジャッジに勝った回数、「ブロッカー」を持つ進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
・Wブレイカー 


大量のブロッカーを手札から踏み倒す可能性を秘めたカード。
ゲームが長期化し、手札が溜まり込みやすい白青天門などで真価を発揮する。
【聖霊王アルファリオン】などと強力なシナジーを発揮する。




精霊王アルファリオン
コスト10 光/水 15500 進化
(エンジェル・コマンド)
・マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
・Gゼロ:バトルゾーンに自分のエンジェル・コマンドが5体以上あれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
・進化-エンジェル・コマンド1体の上に置く。
・Tブレイカー
・相手は呪文を唱えられない。
・相手のクリーチャーを召喚するコストは5多くなる。 


その他のカード
【黙示賢者ソルハバキ】
【黙示護聖ファルピエロ】
【光陣の使徒ムルムル】
【魔光王機デ・バウラ伯】
【純潔の信者パーフェクト・リリイ】
【真聖教会エンドレス・ヘブン】
【天獄の正義ヘブンズ・ヘブン】
【高貴の精霊龍プレミアム・マドンナ】
【時の革命ミラダンテ】
【不敗英雄ヴァルハラ・グランデ】


水文明



封魔アドラク
コスト5 水 2000
(グランド・デビル)
・このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、それぞれのマナゾーンからカードを1枚ずつ選び、持ち主の山札の一番上に置く。


自分を含め全てのプレイヤーのランデスとドローロックを行う。
普通にマナ回収を行える他、【転生プログラム】【超天星バルガライゾウ】等デッキトップを参照するカードと相性がいい。
ただし、場合によっては他プレイヤー全員からヘイトを買うため注意が必要。




スピリチュアル・ウォーター
コスト3 水 呪文
・ST
・バトルゾーンにある相手のタップされているクリーチャー1体につき、カードを1枚引いてもよい



相手依存のため通常使われることは無いが、相手プレイヤーの候補が多いEDHならば活躍の機会が望める。STが付いているのも有難い。




クリスタル・パラディン
コスト4 水 5000 進化
(リキッド・ピープル)
・進化-リキッド・ピープル1体の上に置く。
・このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、バトルゾーンにある「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。


自分を含めバトルゾーンに存在するすべてのブロッカーをバウンスする。
コストも4と軽く、進化元も「リキッド・ピープル」であるため意識して投入すれば苦も無くバトルゾーンに出せる。
当然ながら天門系デッキには強烈に刺さる上、通常のデッキでもある程度のブロッカーを投入していることが多いので大きな活躍を望めるだろう。




偽りの名イージス
コスト8 水 5000
(リヴァイアサン/アンノウン)
・このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、各プレイヤーはバトルゾーンにあるアンノウン以外のクリーチャーをすべて自身の山札に加えてシャッフルし、こうして山札に加えたクリーチャー1体につき1枚カードを引く。


【キング・アトランティス】のような豪快なデッキバウンス能力を持つクリーチャー。
バトルゾーンの「アンノウン」以外のクリーチャーをデッキに戻させ、戻した数だけドローできる。
場合によってはかつての【炎槍と水剣の裁き】以上のアドバンテージを稼ぐことができる非常に強力なカード。


その他のカード
【クリスタル・メモリー】
【サイバー・ブレイン】
【ストリーミング・シェイパー】
【アクアン】
【ドンドン吸い込むナウ】
【コマンダー・イノセント】
【龍素記号Xfクローチェ・フオーコ】
【蒼狼の始祖アマテラス】
【龍覇M・A・S】
【斬隠オロチ】
【ガンリキ・インディゴ・カイザー】
【龍素記号Srスペルサイクリカ】

闇文明



インフェルノ・ゲート
コスト5 闇 呪文
・進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


通常環境ではプレミアム殿堂に指定されている為デッキを組む際無意識に選択肢から除外しがちだったりする。EDHのデッキを組む際は、普段使わないプレ殿カードにも目を通しておくとよいだろう。




外道神カイカイ
コスト5 闇 4000+
(ゴッド)
・相手が呪文を唱えた時、カードを1枚引いてもよい。
・Gリンク《邪道神キキ》の右横
・このクリーチャーがリンクしていて、自分がカードを引いた時、引いた枚数と同じ数の手札を相手は選んで捨てる。


相手プレーヤーの呪文に反応してドローすることができる。
相方の【邪道神キキ】を入れずともこのカード1枚で活躍できるだろう。




地獄門デス・ゲート
コスト6 闇 呪文
・ST
・相手のタップされていないクリーチャーを1体破壊する。そのクリーチャーよりコストが小さい、進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。


ゲームスピートが遅めのEDHでは手打ちも圏内。
相手プレーヤーが多いため単純に選択肢が増えるためより強力になる。
墓地ソースなら是非入れたい1枚。




魔の革命デス・ザ・ロスト
コスト8 闇 13000 進化
(デーモン・コマンド・ドラゴン/革命軍)
・進化-自分の闇のクリーチャー1体の上に置く。
・Tブレイカー
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身の手札をすべて捨てる。
・革命0:このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドが1枚もなければ、相手のシールドをすべてブレイクする。


闇のクリーチャーから進化する進化デーモン・コマンド。召喚時にプレーヤー1人に向けて【ロスト・ソウル】を放つ。
通常環境ではそのコストの重さ故使用されることは少ないが、ゲームスピードが遅いEDHなら話は別。
また、シールドが0枚の時相手プレーヤー1人のシールドを全て叩き割ることができる。
往生際の悪さを発揮できる1枚。


その他のカード
【爆霊魔タイガニトロ】
【魔光蟲ヴィルジニア卿】
【Dの地獄ハリデルベルグ】
【ソウル・アドバンテージ】
【威牙の幻ハンゾウ】
【凶英雄ツミトバツ】
【究極生命体Z】
【革命龍ガビュート】
【大邪眼B・ロマノフ】
【復讐のバイスカイザーZ】
【超新星・DEATH・ドラゲリオン】
【奈落の葬儀屋デス・シュテロン】
【「黒幕」】
【覇王ブラック・モナーク】

火文明



ハープーン・ランチャー
コスト3 火 呪文
相手が自身の前のターンでシールドを加えていた場合、相手のシールドを3枚選び、それ以外をすべて持ち主の墓地に置く。


非常にマイナーな火の呪文。
EDHにおいて生き残りたがるプレイヤーはシールド追加カードを好むため、使用できるチャンスは意外に多い。
手札に握っておけば「侵略ZERO」のような感覚で投げることができる。




熱血龍メッタギルス
コスト7 火 6000
(ガイアール・コマンド・ドラゴン)
・マナ武装5:自分のマナゾーンに火のカードが5枚以上あれば、このクリーチャーは「S・トリガー」を得る。
・このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手の、コスト5以下の進化ではないカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。
・Wブレイカー 


通常環境では【熱血龍バトクロス・バトル】という強力な後輩にお株を奪われているが、ハイランダーであるEDHではこのクリーチャーにもお呼びがかかる。
実はカード指定除去であり相手のフォートレスを剥がすことができるため、見た目以上に範囲が広く強力。




音速ソニックブーム
コスト8 火 8000
(ソニック・コマンド/侵略者)
・SA
・Wブレイカー
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のシールドを2つ選ぶ。このクリーチャーは、それ以外の相手のシールドをすべてブレイクする。


場に出た時に相手プレイヤー1人のシールドを5枚吹っ飛ばすカード。
コイツ自身のW・Bが通れば確実に相手の盾を0にできる。
クリーチャー効果によるブレイクのため、ブロッカーを展開しているプレイヤーにも大きく刺さる。
更にSAのコマンドなのでそこから更に侵略も可能。




メガ・デューバー・ドラゴン
コスト8 火 8000
(メガ・コマンド・ドラゴン)
・Wブレイカー
・このクリーチャーまたは他のクリーチャーが破壊された時、それよりパワーの小さい相手のクリーチャーを1体破壊してもよい。 />


相手クリーチャーが破壊されるたびに、ドミノ倒しのようにクリーチャーを破壊できるカード。
狙った1匹のクリーチャーに確定除去を打てればそのまま相手の盤面を全滅させることができる。
更にこのクリーチャーがバトルゾーンを離れても効果を使用できるため無駄がない。
【熱血龍三代目DソウルB】や【偽りの名ゾルゲ】などと相性がいい。




メガ・カタストロフィ・ドラゴン
(メガ・コマンド・ドラゴン)
・SA
・Tブレイカー
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて、破壊する。
その後、このクリーチャーは、こうして破壊したクリーチャー1体につき相手のシールドを1つブレイクする。


コストが重いため、ある程度入るデッキは限られるがその破壊力には目を見張るものがある。
トップ1枚でブロッカー除去&盾割りをこなし、ダイレクトアタックを決めることも。
マイナーながら9コストに見合った能力を持っていると感じる。


その他のカード
【無限拳】
【ポップ・ルビン】
【ドギラゴン・チャンス】
【紫電城バルザーク】
【超龍キング・ボルシャック】
【インフィニティ・ドラゴン】
【超新星アポロヌス・ドラゲリオン】
【レッド・ABYTHEN・カイザー】
【二刀龍覇グレンモルト「王」】
【ボルメテウス・サファイア・ドラゴン】
【インビンシブル・フォートレス】

自然文明



母なる紋章
コスト3 自然 呪文
・文明をひとつ選ぶ。バトルゾーンにある自分の、選んだ文明のクリーチャーを1体、マナゾーンに置いてもよい。そうした場合、そのクリーチャーと文明が同じで、コストが自分のマナゾーンにあるカードの枚数と同じかそれ以下のクリーチャーを自分のマナゾーンから1体選び、バトルゾーンに出す。


プレミアム殿堂カード第2弾。
【母なる大地】はDMEDHでもプレミアム殿堂しているものの、実はこちらは指定されていない。
文明指定があるものの、その能力は折り紙付き。
好きな大型クリーチャーを踏み倒そう。




ディメンジョン・ゲート
コスト3 自然 呪文
・ST
・自分の山札からクリーチャーを1枚さがして相手に見せ、自分の手札に加える。 そのあと、山札をシャッフルする。


通常環境では「アナカラーデッドゾーン」などで使われていたカード。
沢山溜めたマナがあればサーチしてそのまま投げられるので赤緑カラーや5cと相性抜群。
最近はあまり見なくなったが、ハイランダー構築であるEDHではサーチカードが光る。
【五郎丸コミュニケーション】と合わせて2枚体制にできるので心強い。



ハッスル・キャッスル
コスト5 自然 城
・城-自分のシールドをひとつ選び、このカードを付けて要塞化する。その要塞化されたシールドがシールドゾーンから離れた時、このカードを自分の墓地に置く。
・自分のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。
・この城を付けて要塞化したシールドが他の城によって要塞化されていなければ、そのシールドが相手のクリーチャーにブレイクされる時、かわりに自分のシールドを1枚手札に加えてもよい。


シールド枚数が多いEDHにおいて、他シールドを身代わりにできる系の城は強さを増す。
特にこの【ハッスル・キャッスル】は置きドロソとして最強レベルの場持ちの良さを発揮する。
自然単色でドロソになるのも嬉しいところ。
【トンギヌスの槍】各種シールド焼却には注意。




幻影ドン・サボテ
コスト11 自然 25000
・自分の自然のクリーチャーすべてに「ワールド・ブレイカー」を与える。


自軍の自然のクリーチャーを全て「ワールド・ブレイカー」化するミステリー・トーテム。
自然文明のフィニッシャーとして最大級の急襲性を持ち【青銅の鎧】【ダンディ・ナスオ】がワールド・ブレイカーとなって襲い掛かってくるのは恐怖以外の何物でもない。
緑系デッキの隠し味に丁度いいカード。


その他のカード
【メガ・イノセントソード】
【スナフ・マッシュルーム】
【密林の総督ハックルキリン・ソーヤ】
【獅子王の遺跡】
【次元流の剛力】
【鳴動するギガホーン】
【革命目ギョギョウ】
【呪紋の化身】
【大神砕ジオ・アルデバラン】
【獰猛なる大地】
【偽りの名ハングリー・エレガンス】
【罠の超人】

レインボー



水晶恐皇クリアハデス
コスト6 闇/水 6000
(クリスタル・コマンド・ドラゴン / ダークロード)
・マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
・WB
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
・マナ武装4:相手のクリーチャーがバトルゾーンに出た時またはバトルゾーンを離れた時、自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上あれば、カードを1枚引いてもよい。


虹マナ武装4で非常に強力なドローソースとなる。
相手クリーチャーがバトルゾーンに出ようが離れようがドローできるようになる為、異常なほどのアドバンテージを得られる。
ハマったときのドロー量はすべてのカードを上回る程。
5c系のデッキと相性が良い。
漁夫の利を得るのに丁度いい1枚。




クリムゾン・メガ・ドラグーン
コスト7 火/闇 5000
(ティラノ・ドレイク)
・マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
・このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて破壊する。


通常の環境では【爆竜GENJI・XXX】という上位互換がいる為使われることが少ないが、EDHではその真価を発揮する。
バトルゾーンを参照するため自分含め全プレイヤーのブロッカーを粉砕することができる。
色も赤黒なのでビートダウンに組み込みやすい。




メガ・ドラゲナイ・ドラゴン
コスト9 火/自然 15000
(メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍)
・マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
・SA
・TB
・このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンにある相手のコスト8以下のカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。
その後、プレイヤーを1人選んでもよい。そのプレイヤーは、自身の墓地のカードをすべて山札に加えてシャッフルする。


アタックトリガーでコスト8以下のカード指定除去と相手プレイヤーまたは自分の墓地リセットが行える。
まずコスト8以下のカード指定除去により、全てのフォートレスや大方のクリーチャーを除去することができる。
更に、墓地リセットはアタック対象以外のプレイヤーを選ぶことができるため使い勝手がよい。




極真龍魂オール・オーバー・ザ・ワールド
コスト50 光/水/闇/火/自然 50000
・このクリーチャーが龍解した時、各プレイヤーはバトルゾーン、手札、墓地にあるこのクリーチャー以外の自身のカードをすべて山札に加えてシャッフルする。
・SA
・ワールド・ブレイカー
・このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、タップされていれば、離れるかわりにとどまる。 


自分含むすべてのプレイヤーのシールドとマナゾーン以外のカードをデッキに戻させる。
【不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー】【純潔の信者パーフェクト・リリイ】等を除き盤面をこのクリーチャーのみにできる。
ただしただでさえ足りない超次元ゾーンを5枚喰ってしまうためデッキビルディングには注意が必要。


その他
【タイム3シド】
【超次元ホワイトグリーン・ホール】
【超越男】
【星龍パーフェクト・アース】
【愛の無限オーケストラ】
【煉獄と魔弾の印】
【憎悪と怒りの獄門】
【英知と追撃の宝剣】
【導師の精霊龍マホズン】
【百族の長プチョヘンザ】
【時の革命ミラダンテⅫ】
【宿命のドギラゴン銀刃】
【大音卿カラフルベル】
【ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン】
【偽りの王ハチャトゥリアン】
【ニコル・ボーラス】
【金色目ポラリス】
【逆襲の支配者ニューディアボロス】


無色



墓地の守護者メガギョロン
コスト5 無色 1000
(ガーディアン)
・ブロッカー
・このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、ガーディアンを1体、または呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻してもよい。


無色版【白骨の守護者ホネンビー】【アクア呪文師スペルビー】
最も相性がいいのは【「無情」の極シャングリラ】のガーディアンデッキだろう。
呪文も回収できる点も高評価。




トンギヌスの槍
コスト6 無色 呪文

・アタック・チャンス―名前に《神(シェン)》とあるクリーチャー
・相手のカードを1枚、バトルゾーン、マナゾーン、またはシールドゾーンから選ぶ。バトルゾーンに自分の《神聖牙UKパンク》があれば、かわりにそれぞれのゾーンから1枚ずつ選び、相手はその選んだカードを自分の山札の一番下に好きな順序で置く。


通常環境では専らループ用パーツとして見られているカード。
カード指定除去の貴重なEDHにおいてすべてのゾーンに届く除去は心強い。
特に「城」を剥がせる点は大きい。
無色なのでデッキカラーを選ばないのもベスト。
除去に不安のあるデッキに1枚刺しておくと意外な活躍をするかもしれない。


オヴ・シディアDG
各相手ターンの初めに能力を起動できる無色メタリカ。
ラビリンス能力で味方メタリカの大幅パンプアップもできる。
単純にトリガータイミングが通常の3倍であるため非常に強力。
そのうち殿堂するのではないかと思っている。


その他のカード
【逆転王女プリン】
【神の裏技ゴッドウォール】
【聖霊左神ジャスティス】
【真実の王ヴィオラ・ソナタ】
【無情秘伝 LOVE×HATE】
各種ゼニス

終わりに

いかがだっただろうか。
今回の記事ではより多くのカードを紹介するために個々のカードについては短めに書いた。
それ故少々あっさりした記事になった。カードの紹介なのでまあいいだろう。
以前にも書いた気がするが、DMEDHの魅力は通常使われていないカードで戦えること。

この記事を機に「ちょっとやってみよう」と思ってくれたら嬉しい限り。


以上