矢毒地雷研究所

デュエルマスターズにおける地雷を研究・開発するブログ。

<

卍軸黒単ヘルボロフについての報告書(2)

デッキレシピ

3@堕魔ザンバリー
4@堕魔ドゥシーザ
2@堕魔ドゥポイズ
4@堕魔グリギャン
2@堕魔グリペイジ
4@堕魔ヴォガイガ
3@追憶人形ラビリピト
2@堕魔ヴァイシング
2@龍覇ニンジャリバン
1@インフェルノ・サイン
3@戒王の封
4@極・龍覇ヘルボロフ
3@卍 デ・スザーク 卍
1@凶鬼卍号メラヴォルガル
2@卍月 ガ・リュザーク 卍

超次元ゾーン---
1@極魔王殿ウェルカム・ヘル
1@滅殺刃ゴー・トゥ・ヘル
1@魂喰いの魔狼月下城
2@龍魂城閣レッドゥル
1@ヴォルグ・サンダー
1@悪夢卍ミガワリ
1@龍芭扇ファンパイ

カードの枚数について



堕魔ザンバリー
コスト1 闇 5000
(マフィ・ギャング/魔導具)
・ブロッカー
・このクリーチャーは攻撃できない。
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚捨てる。


轟轟轟ブランド対策のクリーチャー。確実に引けるよう3投してある。1ターン目のブレイズクローに間に合い、またパワーも高いため大抵の低コストクリーチャーに勝てる。轟轟轟ブランドのcipで焼かれるのはご愛嬌。




堕魔ドゥポイズ
コスト2 闇 8000
(マフィ・ギャング/魔導具)
・Wブレイカー
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーを2体破壊する。その後、相手は自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。


ウェルカム・ヘルやゴー・トゥ・ヘルによる自壊ギミックがあるため少なめの2枚採用となっている。極力1体は墓地に落としておきたい。




堕魔グリペイジ
コスト3 闇 2000
(マフィ・ギャング/魔導具)
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の手札を見ないで1枚選び、捨てさせる。


 

使い続ければ分かる強さがある。確かにラビリピトと役割が被っているように見えるが、2枚指しておくと何かと便利な魔導具。ラビリピトよりコストが1軽いこととヴォガイガによるコスト軽減が受けられるのが強み。




堕魔ヴァイシング
コスト5 闇 4000
(マフィ・ギャング/魔導具)
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体、自分の墓地から選ぶ。それがコスト4以下の魔導具なら、バトルゾーンに出す。それ以外なら手札に加える。


ウェルカム・ヘルとの相性がよい。1体から無月の門が開けるのは魅力的。また墓地からヘルボロフを回収するなど意外と小回りのきく動きができる。




インフェルノ・サイン
コスト5 闇 呪文
・ST
・コスト7以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


【戒王の封】の1枠をこちらに割いている。5ターン目にヘルボロフを出すことができる点は大きく、有るか無いかの差は大きい。




極・龍覇ヘルボロフ
コスト7 闇 7000
(デーモン・コマンド・ドラゴン/ファンキー・ナイトメア/ドラグナー)
・このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト3以下のドラグハート1枚、またはコスト5以下の闇のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
・このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から2枚を墓地に置いてもよい。
・WB


切り札なので4。異論は認めない。

終わりに

 今回は私が現在愛用している黒単ヘルボロフを紹介しました。あくまでコンセプトはヘルボロフがメインです。枚数が4で当然と私が考えてるカードやドラグハートなど一部カードについては解説を省略しました。デッキレシピについて何かご質問があれば記事下の「コメントを書く」からどうぞ。