矢毒地雷研究所

デュエルマスターズにおける地雷を研究・開発するブログ。

<

【地雷デッキ紹介】6軸ガチロボ【第8回】

メインコンセプト



ガチャンコガチロボ
コスト6 水 6000
(グレートメカオー/侵略者)
・Wブレイカー
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、自分の山札の上から3枚をすべてのプレイヤーに見せる。それがすべてコストが同じクリーチャーであれば、バトルゾーンに出す。
それ以外なら、好きな順序で山札の一番下に置く。
・相手のシールドが2つ以下なら、自分の水のクリーチャーは攻撃もブロックもされない。


デッキの上から3枚でスロットするクリーチャー。
ギャンブル色が強く、ネタデッキと思われがちだが決まった時の展開力は侮れない。
当たりになるのはクリーチャーのみ。コストが6でも呪文が含まれていると外れになってしまう点に注意が必要。

タイトルは6軸としたが、どのコストでも理論上は可能。(勿論クリーチャーが存在するコスト帯に限る)その中でもガチロボ自身が外れにならないコスト6で纏めるのが無難。ガチロボでガチロボを捲ればもう一回遊べることも強み。

6軸で入る候補としては、【龍覇グレンモルト】【龍装艦チェンジザ】【奇術師ディール】【無双の縛り達閃】【あたりポンの助】などのクリーチャーが挙げられる。



奇術師ディール
コスト6 水 6000
(マジック・コマンド)
・Wブレイカー
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、数字を1つ選ぶ。その数字と同じコストを持つ相手のクリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。
「本日のラッキーナンバー!」
コスト3 水 呪文
・数字を1つ選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、相手はその数字と同じコストを持つクリーチャーと呪文を召喚したり唱えたりできない。



無双の縛り達閃
コスト6 光 4500
(メタリカ)
・ブロッカー
・相手は自身のターンに1体しかクリーチャーをバトルゾーンに出せない。
・ラストバースト
パシフィック・スパーク
コスト3 光 呪文
・相手のクリーチャーをすべてタップする。



このように最近のコスト6のクリーチャーでもカードパワーのインフレにより強力なものが増えてきている。
中でもツインパクトは呪文面のコストが低めなため序盤の動きに貢献できたりと相性がよい。またコスト軽減能力を持ち、序盤にプレイしやすいクリーチャーとして【"乱振"舞神G・W・D】【"末法"チュリス】【ランド戦車ガンブルマン】などが挙げられる。



"乱振"舞神G・W・D
コスト6 火 5000
(ビートジョッキー)
・BAD2
・SA
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
・このクリーチャーは、可能なら毎ターン、相手プレイヤーを攻撃する。
・自分のクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。



"末法"チュリス
コスト6 火 3000
(ビートジョッキー)
・BAD1
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。その中からビートジョッキーを1体バトルゾーンに出してもよい。残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。このターンの終わりに、そのビートジョッキーを破壊する。



これだけを見ても過去より大幅に強化されていることが分かる。【フェアリー・ギフト】の殿堂入りによって弱体化を余儀なくされたこのデッキだが、新弾のカード達によって着々と力をつけてきている。あとはクリーチャー面がコスト6で呪文面がコスト2~4のブースト呪文が欲しいところか。

おまけ

ツインパクトによってタイプを大きく変えている好例。6コストドラグナーを投げていた昔とは違って来ている。このデッキの今と昔を比べれば6コストクリーチャー群のインフレがよく分かりそう。

今回紹介した6軸の他に3軸や10軸など面白いギミックが色々あるので探してみてはいかがだろうか。

以上