矢毒地雷研究所

デュエルマスターズにおける地雷を研究・開発するブログ。

<

【地雷デッキ紹介】悠久チェンジ【第6回】

メインコンセプト



蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド
コスト7 水 6000
(ポセイディア・ドラゴン)
・このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札の枚数を数えてからすべて捨てる。その後、自分のシールドをすべて手札に加える。(ただし、その「S・トリガー」能力は使えない)その後、こうして捨てた手札1枚につき、自分の山札の上から1枚ずつ、裏向きのままシールドに加える。
・Wブレイカー



名前の由来は【悠久を統べるものフォーエバー・プリンセス】【蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド】から。革命チェンジとは関係ない。
第5回(前回)に紹介した「青緑デュエランド」と同様こちらも耐えるデッキである。
主なカラーは青緑に赤をタッチしたもので、マナブーストと防御に枠を割いている。

ブースト手段は【電脳鎧冑アナリス】や手札の減らない【フェアリー・シャワー】が多く採用される。
受け札には【英雄奥義スパイラル・ハリケーン】【Dの博才サイバー・ダイスベガス】【テック団の破壊Go!】【超次元ガロウズ・ホール】やサルトビバイケンなど。
赤は上記した悠久とフィニッシュ手段である【ジョリー・ザ・ジョニーjoe】




ジョリー・ザ・ジョニーjoe
コスト10 火 14000
(種族なし)
・スピードアタッカー
・Qブレイカー
・このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに相手のクリーチャーがなければ、自分はゲームに勝つ。バトルゾーンに相手のクリーチャーがあれば、他のクリーチャーをすべて破壊する。



コンセプトは、マナブーストしつつダイスベガスで手札を増やしチェンジ・ザ・ワールドを場に出す。
チェンジ・ザ・ワールドの効果で手札をすべて捨てた後シールドを手札に加え、捨てた手札の枚数だけシールドを増やす。
通常マナをブーストしつつ盾を増やしているとLO(ライブラリアウト)の危険があるが、そこを悠久の山札回復能力でカバーするといった構成になっている。

このデッキの一番の強みは、受けの強さ以上にシールドの回復能力だろう。
生半可なビートダウンでは7マナ溜められた後のチェンジ・ザ・ワールドでシールドが回復されてしまう。
佐助の超人は5マナ溜まった状態でNSを使用することができ、マナブースト効果を持っているので相手の攻撃を受けながら綺麗に7マナ域に到達できる。
また【ヴォルグ・サンダー】によるLOを狙っても悠久が複数体居るため難しいと勝ち筋を切り開いてくよりも、相手の勝ち筋を無くしていくデッキ。

変わった所では【ハリケーン・クロウラー】が採用されることもある。




ハリケーン・クロウラー
コスト5 水 4000
(アース・イーター)
・このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札をすべて自分のマナゾーンに置く。その後、同じ枚数のカードを自分のマナゾーンから自分の手札に戻す。



主にマナから【悠久を統べるものフォーエバー・プリンセス】【ジョリー・ザ・ジョニーjoe】を回収したり墳墓除け用にマナを調整したりなど色々な使い方が可能。
デッキ内やシールドに埋まったジョニーjoeはチェンジ・ザ・ワールド、マナに埋まった場合はハリケーン・クロウラー、墓地に落ちた場合は佐助の超人でマナに戻すなど柔軟な動きができるので、殴るよりも耐える方が好きな人やいろいろなゾーンに触れられるデッキが好きな人におすすめのデッキ。

おまけ:悠久について

このような悠久が複数枚搭載されるデッキにおいて、すべてのイラストを変えておくという戦術がある。
これによってデッキから悠久が落ちた時、それが以前に見たものなのかそれともそれとは違う悠久なのかを判別するためである。

イラスト違いはは4種類出ており、4投した場合でも全て異なるものを使用することも可能。
有名な戦術だが、相手がそのようなカードを使用している場合自分もどのイラストが今どのゾーンに居るのかを把握して置けると多少情報アドバンテージの面で有利に立てるかもしれない。

以上