矢毒地雷研究所

デュエルマスターズにおける地雷を研究・開発するブログ。

<

【地雷デッキ紹介】変身アカシック【第3回】

メインコンセプト



電磁無頼アカシック・サード
コスト2 水/自然 1000
(サイバー・ロード/ビースト・フォーク)
・マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
・このクリーチャーがバトルする時、自分の山札の上から、クリーチャーが出るまでカードを表向きにする。そのターンの終わりまで、このクリーチャーは、表向きにされたクリーチャーになる。表向きにしたカードをすべて自分の墓地に置く。


【電磁無頼アカシック・サード】の変身能力を使用して多様な戦略を生み出せるデッキタイプ。
能力のトリガー条件はcipではなくバトルする時なのがポイント。如何にうまくバトルギミックを搭載するかがデッキ構築の鍵となるだろう。
様々なデッキが考えられるが、その中で最も有名なものとしてケンゲキオージャとイモータルブレードを用いた「アカシックオージャ」が挙げられる。

【イモータル・ブレード】が場にある状態で、アカシック・サードを何かしらのカードにより相手のクリーチャーとバトルさせバトル時の能力によりケンゲキ・オージャに変身、お互いにスレイヤーとなっているためアカシックサード(ケンゲキオージャ)が破壊され勝利する一種の即死コンボ。
知らないプレイヤーにとっては、いきなり敗北することになるので初見殺しにはもってこい。



ケンゲキ・オージャ~究極火炎~
コスト25 火 23000 進化
(フレイム・モンスター)
・進化-バトルゾーンにある自分の、名前に《ゴウケンオー》とあるクリーチャー1体の上に置く。
・ソウルシフト
・Qブレイカー
・相手の呪文またはバトルゾーンにある相手のクリーチャーの能力によって、このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、自分はゲームに勝利する。



イモータル・ブレード
コスト4 闇 クロスギア
・これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、クリーチャーを1体、自分の墓地から自分の手札に戻してもよい。
・このカードがどのクリーチャーにもクロスされていない時、バトルゾーンにあるクリーチャーはすべて「スレイヤー」を得る。



他の変身候補としては、攻撃時にデッキからコマンドまたはドラゴンを場に出せるワールドブレイカーであるバルカディアNEXやデッキからコスト・文明の縛りなく呪文を放てるギャラクシー・オペレーションθ、またデッキからクリーチャーを無条件で場に出せるギャラクシー・ディスティニーなどの超大型クリーチャーが挙げられる。




竜魔神王バルカディアNEX
コスト15 火/光/闇 25000 進化GV
(エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド/アーマード・ドラゴン)
・マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
・進化GV―自分のエンジェル・コマンド、デーモン・コマンド、アーマード・ドラゴンのいずれか3体
・相手は呪文を唱えることができない。
・このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊し、自分の山札を見る。その中からドラゴンまたはコマンドを1体選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
・ワールド・ブレイカー



超神羅ギャラクシー・オペレーションθ
コスト7 水 14000 究極進化MAX
(サイバー・コマンド / ルナーズ・サンガイザー )
・究極進化MAX-究極進化クリーチャー1体
・このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札を見る。その中から呪文を1枚選び、山札をシャッフルした後、コストを支払わずにその呪文を唱えてもよい。
・T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3枚ブレイクする)
・このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、呪文をすべて、自分の墓地から手札に戻す。

超新羅ギャラクシー・デスティニー
コスト7 自然 14000 究極進化MAX
(ガイア・コマンド/ルナーズ・サンガイザー)
・究極進化MAX-究極進化クリーチャー1体
・このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札を見る。その中からクリーチャーを2体まで選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
・Tブレイカー


バトル時にこれらに姿を変え、アタックトリガーで何らかの能力を使用するというのがコンセプトになるだろう。
現在でも強力なアタックトリガー能力を持ったクリーチャーが登場しているので、今後ずっと強化され続けるデッキタイプと言える。

おまけ:firstとsecond

以前【あたりポンの助】の裁定で話題になったデッキ。結局EXwinは問題なく出来るそう。

アカシック・サードはそこそこ有名だがThirdから予想できる通りfirstとsecondも居るので紹介してみる。



電磁旋龍アカシック・ファースト
コスト7 火/水 6000
(サイバー・ロード/ボルケーノ・ドラゴン)
・マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
・シンパシー:サイバー・ウイルスおよびドラゴノイド
・このクリーチャーは、タップされていないクリーチャーを攻撃できる。
・このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。



電磁霊樹アカシック・セカンド
コスト5 水/自然 3000
(サイバー・ロード/ミステリー・トーテム)
・マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
・このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。
・このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く。



このアカシックシリーズは皆胸の部分に小さく光る人型のクリーチャーが乗っている。恐らくこれがサイバー・ロードなのだろう。
ファーストとセカンドのスペックは見ての通りそれぞれの持つ文明の特徴的能力を1つずつ持っている。
サードがなぜ変身能力という特徴的な能力を得たのかは不思議なところ。

アカシック・サードのコストの軽さを生かして【蒼き団長ドギラゴン剣】から3体投げるのも一興だろう。

以上