矢毒地雷研究所

デュエルマスターズにおける地雷を研究・開発するブログ。

<

【轟轟轟】新規マスターについて【卍月】

目次

バックナンバー
殿堂予想 - 矢毒地雷研究所
殿堂解除について(2018.1.27) - 矢毒地雷研究所
殿堂入りについて(2018.1.28) - 矢毒地雷研究所
これまでの殿堂解除と解除予想 - 矢毒地雷研究所
今後のメタゲーム環境考察(トップメタ編①) - 矢毒地雷研究所
今後のメタゲーム環境考察(トップメタ編②) - 矢毒地雷研究所


www.yadokulab.site

→( まだ )

はじめに

今回の記事では6.23に発売される新弾のマスターカード【"轟轟轟"ブランド】【卍月 ガリュザーク 卍】について考察してみる.
未発売のカードであり,この記事自体がネタバレとなるため「発売まで具体的な能力は知りたくない」という方はブラウザバックを推奨.

轟轟轟ブランド



轟轟轟ブランド
コスト7 火 9000 クリーチャー
(ビートジョッキー)
・マスターG・G・G:手札がこのカードだけなら,このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい.
・SA
・W・ブレイカー
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時,自分のマナゾーンに火のカードがあれば,カードを1枚引く.
その後,自分の手札を好きな枚数捨ててもよい.こうして捨てた手札1枚につき,相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体,破壊する.



【”罰怒”ブランド】が修行から帰ってきた姿.パワー,コストこそ変わらないが,「マスターG・G・G」という新しい能力を手に入れた模様.その能力は手札が0枚のときG0を得るというもの.
情報リーク時は「微妙」「結局卍を超えられていない」とあまり評判が良くなかったようだが,使ってみればわかる強いカード.
特に自身の修行前と合わせると,3ターンもあれば9000ラインのクリーチャーを複数体立てながらワンショットを狙える打点が立つのは大きい脅威となりうる.
具体的には,先攻において

〈2ターン目〉
2マナ【一番隊チュチュリス】
〈3ターン目〉
1マナ【ダチッコ・チュリス】
1マナ【”罰怒”ブランド】
0マナ【”轟轟轟”ブランド】

が最もオーソドックスなパターンか.

このクリーチャーは手札を極力減らすことが重要なので,コストを軽減してクリーチャーを並べるビートジョッキーのコンセプトと非常にマッチしており,初手の手札さえ良ければ簡単に3ターンキルを狙うことができる.
そこに更に1ドロー+任意の6000火力がついており,相手の2ターン目に出てきた小粒ブロッカーがいようとそれさえ粉砕しながら殴りに行くことができる.

ここまで読んでいただければ分かる通り,ブランドは【卍 デ・スザーク 卍】対策を諦めたのではなく,更なるスピードとパワーを以てしてあの鳥を超えようとしている.
繰り返しになるが,高い奇襲性とカードパワーを持つ強力なクリーチャーであり,新弾発表後の環境に一石を投じる存在になると予想される.


卍月 ガ・リュザーク 卍



卍月 ガ・リュザーク 卍
コスト9 闇 11000 クリーチャー
(マスター・ドルスザク/マフィ・ギャング)
・無月の門・絶:各ターンの終わりに,自分の魔導具をバトルゾーンまたは墓地から合計6つ選び,このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら6枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい.
・相手のターンのはじめに,相手は自身のマナゾーンのカードを3枚までしかアンタップできない.



卍・獄・殺
コスト9 闇 呪文
・クリーチャーをすべて破壊する.
・すべての墓地にあるカードの合計が13枚以上であり、,この呪文が自分のシールドゾーンにあれば,この呪文は「S・トリガー」を得る.



これまでの「無月の門」とは異なる「無月の門・絶」を持つ.呪文面は【卍・獄・殺】という条件付きSTである.緑色のカブト虫に次ぐ2体目のマスター・ツインパクトクリーチャー.

とりあえずメインとなるクリーチャー面から見ていく.
まず私が嬉しかったのは,「無月の門・絶」という新しいキーワード能力ではなく11000というパワー.これは,元々のライバルである【煌龍サッヴァーク】と同じラインである.
つまり,これまでパワー低下の力を使わなければ打ち倒せなかった(というか一方的に殴り負けていた)サッヴァークと相打ちが取れるということ.これはデスザークデッキにおいて大きい一歩である.

新しい能力に目を向けてみると,これまでの「無月の門」と大きく異なる点として発動タイミングがある.従来のものは「魔道具を場に出したとき」であったのに対し,こちらは「各ターンの終わり」となっている.
つまりこのターン中何もしてなくても,相手ターンの終わりであっても場に出すことができるということである.「無月の門・絶」とは従来型と比べて大きく使用感が変わるであろうことが分かる.

この能力だが,発動には盤面と墓地合わせて6枚もの魔道具が必要である.6枚もこのクリーチャーの下に敷いてしまうと,流石に墓地がスッカラカンになる.そのためこちらの動きも多少鈍ってしまうので召喚のタイミングは見極めが必要.
また常在時能力で相手のマナを3枚しかアンタップできなくする効果を持つ.これにより,相手は迂闊にマナを使うことができなくなり,またマナを存分に使った返しに出してやればほとんどの行動を封じることができる.
言うまでもなく非常に強力な能力であり,相手にデュエルマスターズをさせないという強い意思が垣間見える.

個人的に強力と思うのは,相手ターンの終わりに出てくる点.
疑似的な侵略ZEROのように使用することができ,奇襲性が高い.というか通常の破壊は効かないと言ってもよい文字通り不死身の体を持つ.
また下の呪文である【卍・獄・殺】と非常に相性がよく,STで味方諸共盤面を一掃した後このクリーチャーのみが「無月の門・絶」にて降臨する姿はまさに魔皇といった風格を魅せる.

ここまでこのクリーチャーの持つ能力について考察してきたが,具体的な使用感については下記の記事にて詳しく書いたのでそちらを参考にしてほしい.

【卍月 ガ・リュザーク 卍】についての考察はこちら(それぞれのカード紹介の最後にあります.)⇩
www.yadokulab.site

終わりに

いかがだっただろうか.
どちらのマスターも近年稀に見るえげつない能力をもっており,発売後の環境の変化が今から楽しみである.
どうか暴れすぎないことを祈っている.

次→( まだ )


以上