矢毒地雷研究所

デュエルマスターズにおける地雷を研究・開発するブログ。

<

卍軸黒単ヘルボロフについての報告書(1)

目次

バックナンバー
ベルフェギウスタップについての報告書(1) - 矢毒地雷研究所
ベルフェギウスタップについての報告書(2) - 矢毒地雷研究所
ベルフェギウスタップについての報告書(3) - 矢毒地雷研究所
ベルフェギウスタップについての報告書(4) - 矢毒地雷研究所
ベルフェギウスタップについての報告書(5) - 矢毒地雷研究所
ベルフェギウスタップについての報告書(6) - 矢毒地雷研究所
ベルフェギウスタップについての報告書(7) - 矢毒地雷研究所


yadokulab.hatenablog.com

→( まだ )

はじめに

前回まで「ベルフェギウスタップについての報告書」として記事を書いていたが,今回を機にデッキ名を変更することにした.
その理由としては,

1. 度重なるデッキの改良によりベルフェギウスがメインコンセプトとは言えなくなってきた
2. そのため,以前までのデッキ名に疑問を持ち始めた
3. というかメインは卍とヘルボロフでは?

という3点から,ベルフェギウスタップを名乗るのは厳しいと判断し「卍軸黒単ヘルボロフ」という名称に改めた.

ベルフェギウスタップというコンボ自体は健在なので,デッキタイプが前回と比べて全く別物になったわけではない.
むしろ【卍月 ガ・リュザーク 卍】の登場によりベルフェギウスの役割は増えたと言ってもよい.
これについても以下で詳しく書いていく.

デッキレシピ

≪卍軸黒単ヘルボロフ≫

4@堕魔ドゥシーザ
2@堕魔ドゥグラス
2@堕魔ドゥポイズ
3@堕魔グリギャン
2@堕魔グリペイジ
4@堕魔ヴォガイガ
2@堕魔ヴォーミラ
2@追憶人形ラビリピト
1@爆霊魔タイガニトロ
2@堕魔ヴァイシング
2@龍覇ニンジャリバン
1@死皇帝ベルフェギウス
4@戒王の封
4@極・龍覇ヘルボロフ
3@卍 デ・スザーク 卍
1@卍月 ガ・リュザーク 卍

超次元ゾーン
1@極魔王殿ウェルカム・ヘル
1@滅殺刃ゴー・トゥ・ヘル
1@魂喰いの魔狼月下城
2@龍魂城閣レッドゥル
1@悪夢卍ミガワリ
1@龍芭扇ファンパイ
1@ヴォルグ・サンダー

それぞれのカードについて

デッキ内の個々のカードについて詳しく見ていく.
(一部カードは省略)


【堕魔ドゥシーザ】
序盤からクリーチャーを並べる速攻デッキに対して強く出れる点を評価し4投している.
パワー低下能力のため,腐る場面が少ない所もポイント.


【堕魔ドゥグラス】
最近卍系デッキから抜かれることも多いらしいコップだが,2枚積む価値はあると感じている.
理由としては,

・ST持ち魔道具という点で優秀
・殴れるブロッカー

という2点.
場合によっては殴ることができるという点でグリギャンよりも優先して場に残すことがあり,ST能力は序盤の攻防において重要な役割を果たせると判断し2枚採用している.
特に今後【"轟轟轟"ブランド】のおかげで台頭してくる(かもしれない)赤単ブランド等に対しても有用であるためそのまま継続に至った.


【堕魔ドゥポイズ】
魔道具版学校男(強い).
ガ・リュザークを破壊するという点で以前よりも役割が増えるだろう.
とはいえ,3枚は嵩張ることも多く盤面に残りにくいので2枚のみの採用となっている.


【堕魔グリギャン】
3ターン目に出したい魔道具ランキング1位.
即座に無月の門を開くため4投.
特に3枚墓地肥やしという能力が新規投入された【卍月 ガ・リュザーク 卍】との相性が良いので,以前にも増して役割が大きくなった.


【堕魔ヴォーミラ】
リソース枯れ対策要員として新規投入された.
ヴォガイガと合わせることで,大きなアドバンテージを得られる.
また墓地を肥やせる点がガリュザークと相性が良い.

【極・龍覇ヘルボロフ】との相性は実際微妙なところだが,魔導具デッキとしての面では大きな活躍を見込めると感じて採用に至った.
今後,このクリーチャーよりもヘルボロフに相性の良い魔導具が出れば抜けてゆく枠だろう.


【追憶人形ラビリピト】
無月の門と組み合わせることで,【ロスト・ソウル】を放つウサギ.
ガ・リュザークと非常に相性がよく,ターンの終わりに相手の手札を根こそぎ奪える.
パワーが低いことが欠点だが,そこはウェルカムヘルのリアニメイト能力で補うことができる.

また当然【卍 デ・スザーク 卍】でも能力が起動できるので,盤面に置いておくだけで相手に大きなプレッシャーを放つ.
あと何故か相手のプレイしたカードでも能力が起動する.
出したそのターン中に1度は能力を発動させたいところ.


【龍覇ニンジャリバン】
このデッキの便利屋的存在.
主な仕事は

1. 【魂喰いの魔狼月下城】で味方を全てスレイヤーにする
2. 【悪夢卍 ミガワリ】で破壊の数合わせに利用
3. 【龍羽扇ファンパイ】【亜空艦ダイスーシドラ】を起動させる

などである.
他にもレッドゥルでSAとして運用するなど色々な使い方ができる.

しかし,魔導具の枚数確保のために2枚のみの採用となっている.
動きが若干窮屈だが,上手く工夫すればなんとかなるのでこれ以降もこの枚数になると思われる.


【死皇帝ベルフェウス】
元メインコンセプトの人.
相手の大量展開に対してロックを掛けたり,ST対策(ホーリーやクロック)や【ボルシャック・ドギラゴン】対策として使用される.

他の特徴としては,マナ進化クリーチャーであるため実質的なSAとしても運用可能.
特にこの「マナ進化」という点が重要であり,序盤に埋めた必要な札を後から取ってくることができる.

この点が【卍月 ガ・リュザーク 卍】と相性が良い.
特にガ・リュザークはターンの終わりに場に出ることができるため無駄がない.


【卍月 ガ・リュザーク 卍】
新しく登場する「無月の門・絶」を持ったクリーチャー.
相手マナのアンタップロックという【メガ・マナロック・ドラゴン】を彷彿とさせる能力を持つ.
相手は1ターンに3枚しかマナを起き上がらせることができないため,1ターンの動きが大きく縛られる.

しかしこのクリーチャーの恐ろしい所はそこではなく,大きな特徴は1ターン大きく動くと次のターンほぼ行動不能にさせる所である.
つまり相手は,現在使用可能のマナすら迂闊に使用できなくなる.
これはコントロールデッキ相手に大きく刺さる点である.

更に「各ターン」の終わりに門を開くことができるため通常の破壊は意味を成さない上,使っている側は【ZEROの侵略ブラック・アウト】のような使用感で「無月の門・絶」を開くことができカウンター性能も秘めている.

破壊が効かないならシールド送りにしようとすれば呪文側【卍・獄・殺】が仕込まれることになり,デッキに送れば計7枚ものカードがデッキに送られることになるので,LOを狙うドロマーハンデスなどのデッキに対してはこれはこれで厄介となる.
やはり一番の対策としては踏み倒しメタ(ただしオニカマス・センノーは効かない)を駆使して盤面に出させないことだろう.

ここまでこのカードの強い点を書き並べてきたが,いくつか注意しなければならない点もある.
幾つか挙げてみると,

1. 6枚もの魔導具を必要とするため,墓地リソースが枯れる
2. 相手が大してマナを使っていない状態で出しても意味がない
3. 2.と同様に1ターンマナを使わなければよいので,既に盤面が揃えられていると効果が薄い
4. そもそも大してマナを使わない速攻デッキには弱い

などが考えられる.
1. については,この「無月の門・絶」によるもので相手のマナを縛る能力と引き換えに自分も墓地リソースのほとんどを失うことになり,動きが鈍ることがある.また【卍 デ・スザーク 卍】との共存が難しくこちらを出すとこっちが出せないなどのジレンマもある.
また召喚条件が通常の「無月の門」より厳しく,その能力の特性もあって序盤は非常に腐る.

2. はタイミングの問題で「まだ出すには早いな...」「もう少し相手がマナを使った後の方が...」などと考えてると結局出すタイミングを見失うということ.これは使い慣れてゆけば解決する問題だが,初心者には扱いが難しいかもしれない.

3. は2. と似ていて出し渋っていると気づいた頃には巻き返しが効かなくなる,ということである.また逆に早く出しすぎても効果が薄く1. で述べたようにこちらの動きも鈍くなりがちなので,そこから巻き返される可能性もある.
使用タイミングによって強さが大きく上下する点は【魔天降臨】と似通っていると感じる.

4. はこのクリーチャーが長期戦になりがちなデッキ向けなデザインであることに依るもの.現在する存在するビートデッキといえば「墓地ソース」「赤単ブランド」などが挙げられる.

前者はマナが3枚もあれば十分であり,出してもほぼ意味がない.ただお互いに墓地を肥やすので【卍・獄・殺】は起動しやすい.
後者は展開が早すぎて魔導具が6枚も場または墓地に溜まらず,そもそも出すことが叶わない.つまり【卍・獄・殺】も起動できないので完全な腐り札となりがち.
ただこちらのデッキには【卍 デ・スザーク卍】が刺さるので,そちらで対策が可能.

このように少々癖の強いカードだが,ゲームエンド級の性能をもっているので上手く使ってやりたいところ.


減量・不採用カードについて

前回のレシピから減量または不採用としたカード達についてその理由を書いていく.


【堕魔グリペイジ】
【追憶人形ラビリピト】によって攻撃中にオールハンデスができるようになったため,3枚から2枚に減量
とはいえ,3コスト魔導具がグリギャンのみだと心細いので2枚は積んでいる.
このクリーチャーのハンデスで勝ちを拾うことも少なくないため,減量はしたが重宝している魔導具の1つ.


【インフェルノ・サイン】
以前まで1枚搭載し,ヘルボロフの5ターン目降臨を可能にしてくれていたカードだったがこの機にリストラになった.
理由としては枠の問題であり,蘇生札としては【戒王の封】が4投されているのでそちらに任せることになった.
魔導具の枚数を増やすのと,一応【卍・獄・殺】というトリガーも入ることによる不採用となった.


【爆霊魔タイガニトロ】
巷では相当の恨みを買っているらしい虎.
今回の構成では1枚のみの採用となっている.
これは殿堂読みというのもあるが,ガ・リュザークが入る都合上,【追憶人形ラビリピト】を優先させた結果である.
このクリーチャーの能力も強力であることは確かだが,逆に言えば相手の最も強い動きを残してしまう甘さもある.

今後の練り込みで,3枚目のラビリピト2枚目のガ・リュザークにするかどうかを検討している.


【卍 デ・スザーク 卍】
【卍月 ガ・リュザーク 卍】を積むために1枚をそちらへ譲った.
魔導具を抜くのはコンセプト的に問題があり,ドラグナー勢もこれ以上減らせないので必然的にここが抜けることとなった.
とはいえ2枚以下になることは現状ありえないので,この枚数(3枚)が限度だろう.

今後「赤単ブランド」などの速攻系デッキが増えてくるようなら再び4枚に戻すことも検討している.

終わりに

今回のレシピは6.23発売予定の新弾が出た後の構築.
既にタイガニトロの殿堂が囁かれているようだが,この構築では0~1枚しか入らないため問題はない.

ガ・リュザークのギミックは楽しくエグいので,発売されたら是非遊んでみたい所.

次→( まだ )


以上