矢毒地雷研究所

デュエルマスターズにおける地雷を研究・開発するブログ。

<

アウトレイジ墓地ソースについての報告書(2)

b>目次


バックナンバー

yadokulab.hatenablog.com

次→( まだ )


アウトレイジ墓地ソースのデッキ案(2)

f:id:yadoku906:20180315194103j:plain
レシピ画像

4@戦略のD・Hアツト
4@問2ノロン⤴
4@一なる部隊イワシン
4@異端流しオニカマス
4@プラチナ・ワルスラS
1@終末の時計ザ・クロック
4@爆撃男
2@奇天烈シャッフ
2@白骨の守護者ホネンビー
3@百万超邪クロスファイア
4@撃髄医スパイナー
4@暴走龍5000GT

前回のレシピはこちら⇩
yadokulab.hatenablog.com

レシピについて


前回との変更点は、

1. 【異端流しオニカマス】が2枚から4枚に増量された
2. 【爆撃男】が3枚から4枚に増量された
3. 【奇天烈シャッフ】の採用
4. ST枠として【撃髄医スパイナー】の採用
5. 【暴走龍5000GT】と【百万超邪クロスファイア】の枚数を交換(3⇔4)

の5つと大きな変更がなされている。

1. については、最近のtier1であるドギラゴン剣系列のデッキのメタである。
オニカマスを確実に2ターン目に立てることによりテンポアドバンテージを得ることを目標としている。


2. については、最近流行りのジョーカーズサザンルネッサンスデスザークに対するメタの強化。
2,3ターン目に確実に【爆撃男】を合わせることで、相手の小粒クリーチャーをノーコストで除去できる確率を上げた。
特に苦手なデスザークは毎ターン除去を挟むくらいでないと早期に【卍 デ・スザーク 卍】が立ってしまい、詰みかねない。


3. については、主に呪文トリガーのケアである。
最近は盾で受けてから反撃する系のデッキも徐々に増えているため、採用するに至った。
前回のレシピから【禁断U サベージ】が抜け、墓地回収能力が低下したため【音精ラフルル】の使い勝手が悪くなりシャッフと交換した。


4. については、デスザークに対する逆転要素である。
これまでのデッキは一度【卍 デ・スザーク 卍】が立ってしまうと除去できる札が存在せず、即詰みとなっていた。
それを改善するための1つの策であり、またSSTの展開もこのデッキとあっているため採用に至った。


5. も4. と同様にデスザークに対するメタである。
あのデッキは基本的に小粒クリーチャーが多いため、このカードを早期に立てることで逆に詰ませることができる。

魔導具の記事はこちら⇩
yadokulab.hatenablog.com

デスザークのデッキはこちら⇩
ベルフェギウスタップについての報告書(6) - 矢毒地雷研究所


終わりに

今回のレシピは前回とは大きく異なるため、これまでとは違った回し方になるかもしれない。
現在環境下位に甘んじている墓地ソースだが、今後の復活を期待したい。

次→( まだ )


以上