矢毒地雷研究所

デュエルマスターズにおける地雷を研究・開発するブログ。

<

ベルフェギウスタップについての報告書(3)

目次

 

 バックナンバー
ベルフェギウスタップについての報告書(1) - 矢毒地雷研究所

yadokulab.hatenablog.com

yadokulab.hatenablog.com

 

ベルフェギウスタップとは

【死皇帝ベルフェギウス】【スベンガリィ・クロウラー】等のタップイン能力持ちクリーチャーを組み合わせてロックを仕掛けるデッキ。

 

ベルフェギウスタップデッキ案(1)

《天門型》

4@コアクアンのお使い
3@絶対の畏れ防鎧
3@タイム3シド
1@光牙忍ハヤブサマル
4@デモンズ・ライト
2@メメント守神宮
3@超次元リバイヴ・ホール
4@ヘブンズ・ゲート
2@S級不死デッドゾーン
2@死皇帝ベルフェギウス
2@悪魔龍ダークマスター
1@時の秘術師ミラクルスター
3@閃光の神官ヴェルベット
3@閃光の守護者ホーリー
3@世紀末ゼンアク
 
超次元ゾーン
1@勝利のガイアール・カイザー
1@勝利のリュウセイ・カイザー
1@時空の凶兵ブラック・ガンヴィート
3@ヴォルグ・サンダー
1@超時空ストームG・XX

デッキコンセプトについて

今回のデッキでは【閃光の神官ヴェルベット】を用いてベルフェギウスタップを組む。
このクリーチャーはパワーが11000と高く、STの【ヘブンズ・ゲート】にて相手ターン中に踏み倒せることが利点。
ドロマー(青黒白)型になるため、メタクリーチャーを搭載し、ビートダウンに対するカウンター力を重視した。
前回の報告書(2)において【卍 デ・スザーク 卍】を使用するとしたが、販売までまだ日があるためこちらを先に組むことにした。
 
報告書(2)を読んでいない人はこちら⇩

それぞれのカードについて

 
コアクアンのお使い
コスト3 水 呪文
ドロマーの最強ドローソース。
このデッキにはこのカード自身以外のハズレ札は入ってないので、高確率で3枚ゲットできる。
 
 
絶対の畏れ防鎧
コスト3 光 3500
(メタリカ)
メタクリーチャーその1。
踏み倒しメタとハンデスメタを兼ねる。
このクリーチャー1体でハンデスデッキのハンデスや剣、バイク、墓地ソの踏み倒しを軒並み規制できる。
ブロッカーが付いていないため、【ヘブンズ・ゲート】にて踏み倒せないが、殴れる点で【メメント守神宮】と相性がいい。
 
 
タイム3シド
コスト3 水/光  4000
(エンジェル・ドラゴン/革命軍/ドレミ団)
メタクリーチャーその2。
見ての通りの呪文メタ。ロージアダンテやドロマーハンデス対策。
 
 

 

ヘブンズ・ゲート
コスト6 光 呪文
【閃光の神官ヴェルベット】【世紀末ゼンアク】踏み倒し呪文。
ビートダウン相手は6ターン目またはSTにてこのカードを打つのを目標とする。
あまりシールドに埋まってくれない。
 
 
 
死皇帝ベルフェギウス
コスト6 闇 3000
(ダークロード)
デッキ名に入っている通りメインカード。
ただし、とりあえず投げればいいわけでなく十分に盤面を見極める必要がある。そのため2枚のみの搭載となっている。
場合によっては手札に来てもそもそも出さない試合も多いが、タイミングによっては異常な働きをするカード。
 
 
悪魔龍ダークマスターズ
コスト7 闇 7000
(デーモン・コマンド・ドラゴン)
このデッキのハンデスカード。
実質生きた【ロスト・ソウル】として運用が可能であり、【閃光の神官ヴェルベット】【死皇帝ベルフェギウス】で盤面を固めた後相手が溜め込んだ手札を根こそぎ奪い取る。
盤面に残っていれば【S級不死デッドゾーン】の進化元ともなるので便利。
 
 

 

時の秘術師ミラクルスター
コスト7 光/水 7000
(エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍/ドレミ団)
マッドネス兼呪文回収要員。
このデッキでは【タイム3シド】【勝利のリュウセイ・カイザー】辺りから革命チェンジが可能。勿論【ヘブンズ・ゲート】にて踏み倒しもできる。
特に、バトルゾーンに【世紀末ゼンアク】【死皇帝ベルフェギウス】がいる状態で、
 
1.バトルゾーンにいるクリーチャーから革命チェンジしつつ相手クリーチャーに攻撃。
2.ターン初めにアンタップし【死皇帝ベルフェギウス】効果で破壊。
3.破壊されるとき【世紀末ゼンアク】効果で手札に戻る。
 
というコンボは強力。
これで【超次元リバイブ・ホール】を永久に使いまわし、【ヴォルグ・サンダー】を用いたLOを狙ったり【超時空ストームG・XX】を用いたワンショットを行える。
 
 
閃光の神官ヴェルベット
コスト9 光 11000
(オラクル)
 上記した通り、このデッキのタップイン能力持ちクリーチャーであり、コンセプト。
ビートダウン相手には恐ろしいほどの制圧力を誇り、アウトレイジ墓地ソース(イワシン墓地ソ)や赤青バッドブランドなどの速攻デッキはこのカード1枚で制圧できる。
 その高いパワーから、【ヘブンズ・ゲート】から2体同時に降臨できればほとんどのビートは停滞するを得ない。
弱点は、【百族の長プチョヘンザ】各ブロッカーメタだが、プチョヘンザは革命チェンジ元をタップインにでき、ブロッカーメタは現環境でほぼ見かけないためそれほど問題にならない。
このデッキではこのクリーチャーと後述する【世紀末ゼンアク】をいかに早く着地させられるかが重要である。
 
 
世紀末ゼンアク
コスト9 光/水/闇 17000
(クリエイター)
 このデッキの過労死担当。
マナに置けば最強マナ基盤&ベルフェギウスの進化元、場に出れば高パワーブロッカー&タップクリーチャー制圧&自軍モヤシ化と八面六臂の活躍を見せる。
コストが9と重いが【ヘブンズ・ゲート】で踏み倒すことができ、このクリーチャーと前述した【閃光の神官ヴェルベット】それぞれ1体ずつ踏み倒すのがベスト。
【百族の長プチョヘンザ】に流されず【伝説のレジェンド・ドギラゴン】を一方的に打ち負かせるパワーは当然強力であり、ターン終わりのアンタップ能力で攻防一体の姿勢を見せる姿は、当時のスーパーデッキ・サーガを彷彿とさせる。
 
弱点はスレイヤーと確定除去・全体除去。
しかし、自前のモヤシ化能力である程度カバーできる。一度バトルゾーンに出てしまえば大きな活躍が期待できるクリーチャー。
【死皇帝ベルフェギウス】を出さずともこのクリーチャーで制圧できてしまうこともしばしばあり、またベルフェギウスのアンタップロック能力がこのクリーチャーのアンタップ能力とかみ合っていないため、この2体の組み合わせ方が重要になる。
 

 終わりに

 今回は【閃光の神官ヴェルベット】を用いたベルフェギウスタップを組んだ。
このデッキは2コスト帯を切り、3コスト帯のカードを多めに積んで相手によって動きを選択できるようにした。
次の報告書(4)以降では他デッキとの相性、他候補に挙がっているカードなどを紹介していく。
 
 
以上